×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ボウリング の ショートフック 投げ方

ボウリングのショートフックの投げ方について、きちっと理解をしていますか?ボウリングのショートフックは、カーブボールと違い派手さが無いので、多くの人はカーブボールをマスターしようと、ボールを投げる瞬間に手を回したり、色々するのですが、ボウリングのスコアーを伸ばしたいのであれば、ボウリングの場合、ショートフックで十分なのです。

スポンサード リンク

ボウリング の ショートフック 投げ方

ボウリングのショートフックの投げ方について、

きちっと理解をしていますか?

ボウリングのショートフックは、カーブボールと違い、

派手さが無いので、多くの人はカーブボールをマスターしようと、

ボールを投げる瞬間に手を回したり、色々するのですが、

ボウリングのスコアーを伸ばしたいのであれば、

ボウリングの場合、ショートフックで十分なのです。

というか、ショートフックのほうが、スコアーをまとめやすいのです。

ボウリングのボールの投げかたでショートフックの方が、

スコアーをまとめやすいのは、カーブボールと違い、

ボウリングのボールの曲がりが小さいため、

ボウリングのボールを投げミスしたとしても、

ピンに当たるとき、大きくミスが無いのでスコアーをまとめることが、

非常に簡単なのです。

でも、多くの人は派手さを求めカーブボールを投げようとするのです。

ボウリングのボールの投げ方の基本は、ショートフックであり、

ショートフックの投げ方を理論的に理解すれば、

カーブオールを投げることも簡単なのです。

では、ショートフックをどうすれば、投げることができるのでしょうか?

ショートフックを投げる場合、投げる瞬間ボールに指を引っ掛けて、

ボールに進行方向に対し、45度の回転を与えると、

理想的なショートフックを投げることができるようになります。

この回転数をあげたり、回転方向や投げるスピードを、

調整することでカーブボールにもなるのです。

このようにショートフックの進化系がカーブボールと、

理解すればカーブボールをマスターすることが出来ます。