×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ボウリング の カーブ 投げ方

ボウリングのカーブボールの投げ方にいて、色々と考えてマスターしましょう。ボウリングのカーブボールの投げからは、ショートフックの投げ方の進化系ということは、違うページにも書いたのですが、もう少し詳しく、ボウリングのカーブボールの投げ方について説明します

スポンサード リンク

ボウリング の カーブ 投げ方

ボウリングのカーブボールの投げ方にいて、

色々と考えてマスターしましょう。

ボウリングのカーブボールの投げからは、

ショートフックの投げ方の進化系ということは、

違うページにも書いたのですが、もう少し詳しく、

ボウリングのカーブボールの投げ方について説明します。

カーブボールとショートフックの違いは、

回転数と、進行方向へのスピードの差にあるのです。

今、流行のローダウン投法とは、ボウリングのボールの回転数を、

いかに効率よく身体に無理が無いように考えられています。

このローダウンは、もともと、アメリカの大学生のコーチが、

教えている投げ方でもあり、変に手首を使うのではなく、

ボールの重さをうまく利用し、ボールの回転数を上げるように、

考えられた当方のなのです。

このことを理解すればカーブボールの投げ方について、

理論的に考えていくことが出来ます。

つまり、ボウリングのボールの回転数と進行方向のスピードがあえば、

カーブボールを投げることが出来ます。

つまり、今の投げ方でカーブさせたいのであれば、

ボールのスピードを落とすことで、カーブボールになりますし、

スピードを落とすのがいやであれば回転数をあげることを。

中心に考えていくことになります。

私が初心者がカーブボールを投げたいという場合、

ボールのスピードをコントロールされるようにしています。

ボールのスピードは、最初の構えを小さくしたり、

アプローチをゆっくり歩くことで解決し安からなのです。

カーブボールが投げたいのであれば、

まずはショートフックを覚え、スピードを調節してみたらどうでしょう。