×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ボウリング の ボール の 構え方

ボウリングのボールの構え方について、きちっと考えてことがありますか?ボウリングの構え方は、投げ方にばかり注目がいき、ないがしろにされやすいのいですが、実は、ボウリングの中でも重要な項目の一つなのです

スポンサード リンク

ボウリング の ボール の 構え方

ボウリングのボールの構え方について、

きちっと考えてことがありますか?

ボウリングの構え方は、投げ方にばかり注目がいき、

ないがしろにされやすいのいですが、

実は、ボウリングの中でも重要な項目の一つなのです。

ボウリングのボールの構え方というと、

多くの人は、何気なくボールを胸に高さに構えがちなのですが、

初心者の場合その高さにボールを構えると、

スイングの最中におきな力がボールにかかるので、

ボールを強く握りすぎてしまい、ロフトボールになりやすいのです。

それよりも腰の高さぐらいにすると、スイング中にボールに、

大きな力がかかることもないので、

スイングがぶれることもないし、ボールを握る指に力がいらないので、

リリースするさい、自然にボールを話すことが出来るのです。

自然にボールを話すことが出来ると、投げる瞬間に、

ボールが自然と中指と薬指にひっかかるので、

きれいなショートフックのボールを投げることが出来るのです。

腰でボールを構えることに慣れたのであれば、

一度試し腰より下でボールを構えるクラウチングの構え方を、

試してみるのもいいかもしれません。

クラウチングのボールの構え方は、ほとんどプッシュアウエィを。

必要としないので、歩き方にスイングをあわせやすく、

さらに、腰を曲げるクラウチングスタイルは、

構えから投げ終わるまで腰の高さが変わらないので、

必然的に頭の高さも一定となり、コントロールが面白いほど、

よくなることが多いのです。

ボウリングの構え方は、このように色々あり、

なかなか奥が深いものなのです。